旅マニア トイトイの旅行とマイル

マイル・JGC・SFC・旅行記を綴っていきます

メトロポイントへの交換で大失敗!マイルを損した話

f:id:tabimania:20170702132151j:plain
ソラチカカードの入会キャンペーンで獲得したポイントをマイルに変えるためにメトロポイントに交換したんですが、失敗して損をしてしまいました。失敗の詳細と注意点をレポートします。

目次

基本情報

まず、交換前に私が持っていたポイントとANAマイルへの交換ルート等は以下の通りです。

ポイント種類 所有ポイント 交換ルート 交換レート 最小交換単位
通常ポイント 346 ANAマイルへ直接交換 1ポイント5マイル 1ポイント
ボーナスポイント 8168 メトロポイント経由ANAマイル 1ポイント4.5マイル 200ポイント以上100ポイント単位

ポイント交換の計算

ごく単純に交換するのであれば、通常ポイントをマイルに直接交換して346×5=1730マイルとなり、ボーナスポイントは8100×4.5=36450マイル(あまり68ポイント)となりますので、合計すると38180マイル(あまり68ポイント)となります。


しかし、この方法だとあまりがでてしまいもったいないので、通常ポイントのうち32ポイントをメトロポイント経由にまわして交換します。すると合計はこんな感じになります。
通常ポイント346‐32=314ポイントを直接ANAマイルに交換します。314×5=1570マイルになります。ボーナスポイントの方は、8168ポイントに通常ポイント32ポイントを足して、8200ポイントをメトロポイント経由で交換します。8200×4.5=36900マイル(あまり0ポイント)となりますので、合計すると38470マイル(あまり0ポイント)となり、単純交換よりも290マイル多くなります。

まとめるとこんな感じです。

パターン 獲得マイル あまり
単純に交換した場合 38180 68
あまりをゼロにした場合 38470 0

私の失敗

というわけで、あまりをゼロにするようにポイントを交換することにしました。しかし・・・失敗してしまいました。交換の時は順番が重要なんですね。どんな失敗であったかを解説します。


失敗の原因はポイントの有効期限です。ポイント交換の時は、有効期限が近いポイントから順に消費されます。わたしの場合、通常ポイントの有効期限は2019年1月。ボーナスポイントの有効期限は2019年7月となっていました。

ポイントの種類 有効期限
通常 2019/1
ボーナス 2019/7

これを考えずに、メトロポイントへの交換を先に行ってしまったため、通常ポイントを無駄に消費してしまいました。

というのも、メトロポイントへの交換は、通常ポイント・ボーナスポイントにかかわらず、有効期限が近いものから消費されます。前述の通り、私のポイントの有効期限は通常ポイントのほうが近かったためメトロポイントへの交換時に通常ポイントが先に消費されてしましまったのです。

この結果、すべてのポイントをメトロポイント経由で交換するはめになり、直接ANAマイルに交換した方がレートがよい、通常ポイントの交換レートを自ら下げてしまったわけです。しかも結局ポイントも余ってしまい、踏んだり蹴ったりです。

今回、私の構想では、8200ポイントをメトロポイントに交換した後、残りの通常ポイント314ポイントを直接ANAマイルに交換する予定でした。

しかし実際に8200ポイントをメトロポイントに交換してみると、こんな状況になっていました。
f:id:tabimania:20170702124408p:plain
なんと、通常ポイントが0になっているではないですか!すぐに失敗に気が付きましたが、後の祭り。もう通常ポイントを取り戻すことはできません。

結局どのような交換結果になったかというと、8500ポイントをメトロポイント経由で交換8500×4.5=38250マイル(あまり14ポイント)となりました。

一番ポイントが獲得できる交換の仕方よりも220マイル少なくなってしまったわけです。残念。

正しい交換手順

では、私はどうしたらよかったのでしょうか?
答えは簡単で、通常ポイントを先にANAマイルに交換し、消費してしまえばよかったのです。
手順をまとめると以下のようになります。

≪手順1≫ ボーナスポイントが100ポイント単位になるように、通常ポイントのうち何ポイントメトロポイント経由にするかを考える。(私の例だと、ボーナスポイントの端数が68だったので通常ポイントを32ポイント使用して100ポイント単位にする必要があった。)

≪手順2≫ 通常ポイントのうち、手順1でメトロポイント経由に回さず、ANAマイルに直接交換できるできるポイント数を確認する。(私の例だと、314ポイント)

≪手順3≫ 手順2で算出したポイントを直接ANAマイルに交換する。

≪手順4≫ 残ったポイントをすべてメトロポイントに交換する。

≪手順5≫ メトロポイントをANAマイルに交換する。

この順番で交換することで、ポイントを最大化することができ、ポイントのあまりもゼロになります。

成功パターンのポイントの変化

手順 通常ポイント ボーナスポイント 累計獲得マイル 累計獲得メトロポイント
1 346 8168 0 0
2 346 8168 0 0
3 32 8168 1570 0
4 0 0 1570 41000
5 0 0 38470 0

まとめ

ポイント交換の際は、ポイントの種類、交換レート、最低交換数に加えて、有効期限も重要であることを身をもって体感しました。今回は損害が少なかった(220マイル)ので助かりましたが、大量のポイントを一気に交換するときほど注意が必要だと感じました。ポイント交換も奥が深いですね。


クレジットカードのキャンペーン以外のマイルの貯め方はこちら。
tabimania.hatenablog.jp

関連記事
tabimania.hatenablog.jp


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング

かなり大きい!JALツアープレミアムの効力!!

f:id:tabimania:20170626201037p:plain
JALカードをお持ちの方、ツアープレミアムには入っていますか?
海外旅行の予定がある方は、ぜひ加入をおススメします。

私は2016年9月に加入しました。10月にシンガポールに旅行に行ったのですが、それ以来JALに乗っていません(特典航空券は除く)。
それでも、ツアープレミアムはお得という気持ちに変わりありません。

今日は、どのくらいお得なのかを検証してみたいと思います。

目次

ツアープレミアムとは

JALカードのオプションでカード会員だけが加入することができます。

通常、航空券を購入し飛行機に乗るとマイルがつきますが、航空券の料金によって基準マイルと比較してマイルが減額される場合があります。というよりは、ほとんどの場合、減額されます。

まずは、これはどういうことかを説明します。
エコノミークラス(国内線では普通席)の普通運賃(割引なし)で購入した場合に獲得できるマイルを100%としたとき、割引運賃で購入した航空券での搭乗マイルは75~50%程度となります(料金によって変動)。仕事であれば普通運賃で乗ることもあるでしょうが、旅行の場合は割引運賃で乗ることの方が多いと思います。つまり、搭乗区間で獲得できるマイルの75~50%のマイルしか獲得できていない場合がほとんどだということです。

ここで役に立つのが、ツアープレミアムです。
これに加入すると、割引運賃で搭乗した場合にも100%の区間マイルが加算されるのです。

例)区間マイル1000マイルの区間にマイル加算率が50%の運賃で搭乗した場合
 ・ツアープレミアムなし
   区間マイル1000×加算率50%=500マイル
 ・ツアープレミアム加入
   区間マイル1000×加算率50%+区間マイル1000×加算分50%=1000マイル

例のように、100%の区間マイルを獲得することができます。

これが、威力を発揮するのは国際線のエコノミークラスです。
理由は2点あります。
 ・国際線のエコノミークラスは割引運賃で購入すると、マイル加算率は50%程度
 ・国際線は国内線に比べて、元々の区間マイルが大きい

ツアープレミアムの料金は年間2160円ですので、年に国内線に1回乗るだけであれば、もとは取れません。
一方、国際線の場合は1往復だけでも十分に元が取れるケースが多いと考えられます。

お得度の検証(私の場合)

私が昨年シンガポールに行った時の獲得マイルで検証してみます。

東京―シンガポール間の区間マイルは3312マイル(片道)です。
私が利用したエコノミークラス運賃では加算率は50%でした。
よって、ツアープレミアム未加入の状態で獲得できるマイルは往復で3312マイルとなります。

一方、ツアープレミアムに加入した場合は、ちょうど倍の6624マイルとなります。

よって、この1回の旅行のためだけにツアープレミアムに加入したとすると、3312マイルを2160円で獲得したことになります。

1マイルの価値をどう見るかですが、一般的には2円で計算することが多いので、かなりお得であるといえます。(この場合1.53円)

もちろん、欧米へのフライトであれば区間マイルが多いのでさらにお得ですし、これ以外のフライトがあれば、その分もボーナスが加算されるのでお得です。

マイルは貯められるときにがっつり貯めるべきと考えています。そんな考え方でマイルを貯めて旅行してきました。
tabimania.hatenablog.jp

注意点

ツアープレミアムの料金はJALカード会員1名ごとにカードの年会費とは別にかかります。
家族会員の場合も1名ごとにかかりますので、家族の人数×2160円必要になります。

それと、申込から1年たつと、自動で継続されます。(別途2160円かかります)。
必要がないときは、ツアープレミアムのみ解約することを忘れないようにしましょう。

ツアープレミアムという名前ですが、ツアーじゃなくてもOKです。例えば先得でもマイルアップとなります。


ちなみにJALカードだけのサービスですので、ANAにはこのような仕組みはありませんのであしからず。


JALのマイルをさらに貯めるには

JALのマイルをたくさん貯めるには以下のような方法があります。興味がある方は試してみてください。
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

関連記事

tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング

4大ポイントとマイルの切っても切れない関係 どうやってマイルをためる?

巷ではポイント全盛時代なんて言葉がちらほら聞かれます。
中でも4大ポイントと呼ばれる下記のポイントは貯めている・使っている方も多いことと思います。

私の場合は、ポイントはできる限りマイルに集約するという方針のもと、ポイントを貯めています。4大ポイントも例外ではなく、いかに効率よくマイルを貯めるかに主眼をおいて貯めています。

今日は、4大ポイントとマイルの関係を紐解いていきたいと思います。

目次

4大ポイントとは?

4大ポイントとはTポイント楽天ポイントPontaポイントdポイントのことをいいます。ご存知の通り、複数店舗にまたがって貯める・使うことができる共通ポイントです。

便利でお得な反面、種類がありすぎて、どれを貯めればよいのかわからないという方もいるかと思います。こんな方のために陸マイラー視点で見ていきます

貯めるときの考え方

自分が訪れた店舗で4大ポイントを貯めることができる場合積極的に貯めます。これが基本です。

問題は複数のポイントを貯めることができる店舗の場合です。この場合はどちらが有利なのかを考える必要があります。
例えば、楽天ポイントとdポイントのどちらかを貯めることが可能な店舗があった場合にどちらを貯めるのかということを考えてみます。

このときに、覚えておかないといけないのが、貯めるほうではなく使う方、すなわち「マイルへの交換」についてです。
4大ポイントのマイルへの交換方法を見てみると、交換しやすいもの交換しにくいもの一目瞭然です。
当たり前ですが、交換しやすいポイントを貯めた方がいいですよね。

マイルへの交換の難易度

難易度といっても簡単で、最低何ポイントから交換が可能かを知っておけば、貯めるときに悩む必要がありません。
一覧表にしてみます。

ポイント名 交換先 レート 最低交換数 交換日数
Tポイント ANA 500p⇒250マイル 500p 2-3日
楽天ポイント ANA 2p⇒1マイル 50p以上2p単位 1週間
Pontaポイント JAL 2p⇒1マイル 2p以上2p単位 1週間
dポイント JAL 5000p⇒2500マイル 5000p 2か月

表を見るとわかる通り、ANA組とJAL組に真っ二つに分かれています。しかし、それ以上に重要なのが、最低交換数です。
最低交換数は少なければ少ないほど、交換しやすいですよね。ここに、各ポイント大きな違いがみられます。

dポイントを見ると、最低交換数が5000pとなっています。これ、ドコモユーザーであれば貯まるでしょうが、それ以外の方はそう簡単にはたまらないレベルです。

逆に、同じJAL組でもPontaポイントは2ポイントから交換可能です。極端な話、1回買い物をしただけでもマイルに交換できるレベルなわけです。これは非常に使いやすいです。

ANA組はというと、楽天が最低交換数50pとなっており、交換しやすいです。さらに、楽天ポイント楽天カードユーザーであれば、気づいたら結構たまってますよね。そのまま使うのもいいですが、マイルに変えることも可能です。

Tポイントは500pなので、まあ行けそうですが、楽天ポイントと比べてしまうと、見劣りします。

結論

・マイルに交換することを考えるなら、楽天ポイントPontaポイントを貯めるべし!
・dポイントはドコモユーザーでないとマイルに交換できるほどたまらない。
楽天ポイントPontaポイントが貯められない店舗でのみ、Tポイント、dポイントを貯める。
楽天ポイントPontaポイントの使い分けはANAJALどちらを今貯めたいかで考える。


ここまで、つらつらと書いてきましたが、マイルを貯めたいのであれば上記だけでは、なかなかたまらないはずです。
上記の考え方は、メインの貯め方とは別の補助的な貯め方と考えてください。
そんな方は、こちらの記事を読んでみてください、ANAマイルがザクザクたまります。
tabimania.hatenablog.jp

8月末までの期間限定ですが、JALマイルが貯めやすくなっています。
tabimania.hatenablog.jp


よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング

マイルの基礎の基礎。マイルに興味があるけど、よくわからない方へ。

今回はマイルって何?という方のために、マイルについて書きたいと思います。
マイルに興味があるけど、どんなものなのかいまいちつかめていない方にわかるように書いていくつもりです。

f:id:tabimania:20170626153106j:plain

目次

マイルって何?

マイルというのは一言で言うと航空会社(日本でいうとANAとかJAL)のポイントサービスのことです。

スーパーやコンビニで買い物をするときにポイントをためている方も多いと思いますが、マイルというのはすごーく簡単にいうとこれの飛行機版なのです。

つまり、飛行機に乗るとマイル(ポイント)がたまり、次に乗るときに割引で乗れたりただで乗れたりするわけです。このへんの考え方は普通のポイント制度と同じような感じなんですね。

しかし、マイルには単なるポイント制度とは異なる奥深さがあり、これが多くの人を引き付ける魅力でもあり、逆に難しいなと思わせる原因だと私は考えています。

なぜマイルを貯めるの?

世の中のマイルをためている人のことを“マイラー”と言います。

マイラーがなぜマイルをためているのかというと、多くの人は特典航空券狙いかと思います。(特典航空券をゲットできれば無料で飛行機に乗ることができます。)

飛行機の運賃って結構高いですよね?これがタダになるんだったらマイルをためてみたいと思いませんか?

帰省するときに飛行機を利用しなければならない方、毎回なかなかの出費だと思います。マイルを貯めれば、お金を気にせず、帰省できるかもしれません。

また、マイルをたくさんためれば、エコノミークラスだけでなく、庶民には高嶺の花であるビジネスクラス、果ては庶民が普通に暮らしていたら乗ることはないであろうファーストクラスにもタダで乗ることができます。

普通のポイントにはない価値があるのでマイルは人気があり、マイラーと呼ばれる人が世の中にたくさん存在するわけです。

ちなみに、私は先日、マイルを貯めてビジネスクラスでハワイ旅行に行ってきました。マイルを貯めれば誰にでも可能です。
tabimania.hatenablog.jp

マイルを貯めるにはどうすればいいの?

マイルを貯めるにはまず、各社のマイレージプログラムに入会する必要があります。これはコンビニのポイントなんかと同じで基本的には会社ごとに入会が必要です。

入会は各社無料でできます。今回はANAマイレージクラブへの入会方法をみてみます。

ちなみに、「私はがっつりマイルを貯めたい」という方はマイレージカードを作る前に、下記の記事を読んでください。がっつりたまることを保証します。
tabimania.hatenablog.jp


まずは普通にたまればいいやという方は、ANAのホームページを開いてください。一番上のほうに「ANAマイレージクラブに入会する」というボタンがあるので、クリックします。ANAマイレージクラブカード新規申込から先にすすんで、特に他の機能がいらない方は、「ANAマイレージクラブカード」を選んでおけば問題ありません。
次の画面から、必要事項を記入していき、申込を行えば、数日でマイレージカードが届きます。
簡単ですね~。

JALも同様にホームページから申し込みが可能です。マイレージと書いてあるタブの横の三本線をクリックすると、「JALマイレージバンクに入会する」という表示があり、そこから申し込むことができます。
はじめは、無料のマイレージカードを作ればよいと思います。
作成の際にカードの選択画面があるのですが、JMB WAONを作っておくことをおススメします。将来、有料のJALカード(クレジットカード)を作りたくなった時にお得に使うことができますので。将来、JALカードを持たなかった場合も全く損はありません。

外資系の航空会社もそれぞれの会社のホームページから申し込むことができます。しかし、日本の会社と違って、申込サイトの日本語表記がおかしかったりして、ちょっと難しいです。外資系はANAJALで慣れてからでいいと思います。

ちなみに、外資系航空会社の場合、マイレージ会員になっただけではカードは送られてきません。(送られてくる会社もあるかもしれませんが。)その会社のフライトを利用するとカードが送られてきたりするようです。カードの代わりにアプリ等で対応します。

飛行機に乗る

カードが届いたら、飛行機に乗れば、乗った会社のマイルが貯まります。予約の時に、マイレージの会員番号を登録しておきます。

海外旅行に行くのに、外資系の航空会社のフライトを利用するんだけど、その都度、各社のマイレージ会員にならないといけないの?と思われた方もいるかもしれません。
ご安心ください。そんなことはしなくていいです(してもいいです)。

世界にはアライアンス(航空連合)というものがあり、世界中の航空会社がチームを組んで活動しています。
同じアライアンスの中であれば、通常マイルを貯めることができます。

ANAスターアライアンスJALワンワールドというアライアンスに所属しており、それぞれのアライアンスに所属する航空会社のフライトを利用した場合、それぞれANAJALのマイルを貯めることができるようになっています。


マイルは航空会社のポイント制度ですので、飛行機に乗って貯めるのが元々の貯め方でした。ただ、飛行機に乗るだけだと、相当乗らない限り、飛行機にただで乗れるほどマイルはたまりません。

そこで先人たちは何を考えたかというと、飛行機に乗らずにマイル貯める方法です。これについては下記の記事でまとめています。
tabimania.hatenablog.jp

まとめ

・「マイル」は航空会社のポイントのことである
・マイルを貯めると、様々な特典を受け取れる(特典航空券など)
・マイルを貯めるためにはマイレージプログラムに入会する必要がある
・飛行機に乗るとマイルが貯まるが、少ししかたまらない
・同じアライアンスであれば他社のフライトでもマイルが貯まる
・飛行機に乗らずにがっつりマイルを貯める方法がある

ANAカード入会キャンペーンで貯めたポイントをいかにしてマイルに交換するか考える

2016年末から2017年初頭にかけて参加したANAカード入会キャンペーンのポイントが先日付与されました。
VISAのキャンペーンとソラチカのキャンペーンを同時期にこなしましたので、それぞれのポイントをどのようにANAマイルに交換するとお得なのかを考えます。

f:id:tabimania:20170626142503j:plain

ちなみに、同時期にキャンペーンに参加するのはおススメしません。決済に使うカードが分散すると、キャンペーンのクリアが難しくなりますからね。
私の場合は、ソラチカでキャンペーンをやっていることを知らずにVISAを申し込んだあと、ソラチカのキャンペーンに気が付き、無理を承知で両方参加しました。
結果的には、キャンペーン期間を大きく残して楽々達成しました。年末年始だったこともあり、通常の月より出費が多かったようです。


さて、まずは、キャンペーンのポイントがどのように付与されたかをまとめてみました。

種類 通常ポイント ボーナスポイント
ANA VISAゴールド 3100 0
ソラチカ 0 8168

これらのキャンペーンポイントの付与には大きな違いがあります。それは、通常ポイントとボーナスポイントの違いです。

ANA VISAゴールドのキャンペーンではキャンペーンのポイントは通常ポイントとして付与されます。
これは、ANA VISAゴールドの場合、1ポイント10マイルで交換が可能ですので、そのままANAマイルに交換して31000マイルになります。
あとは、交換のタイミングだけ考えればよいわけです。(マイル使用予定がないのに交換してしまうと、マイル有効期限の無駄遣いになってしまいます。)


問題はソラチカで付与されたポイントの方です。
これは、ボーナスポイントとして付与されます。ボーナスポイントは直接ANAマイルに交換すると1ポイント3マイルになります。通常ポイントであれば1ポイントが5マイルになりますが、ボーナスポイントは3マイルなので注意が必要です。
ソラチカのキャンペーンのサイトを見ると、約24500マイルが獲得できるとなっていましたので、この3マイルレートであることがわかります。

ここからがポイントです。結論から言うと、ボーナスマイルは直接ANAマイルには交換しません。

ではどうするのか?何のためにソラチカカードを申し込んだのか?そうです!ソラチカルートを使うのです!
今回もらったボーナスポイントはメトロポイントに交換することができます。
8168ポイントありますが、100ポイント単位での交換となるため、8100ポイントを交換します。
交換レートは1ポイントが5メトロポイントとなります。

その先はソラチカルートを回すだけです。
このルートでANAマイルに交換すると、8100ポイント⇒40500メトロポイント⇒36450ANAマイルに交換可能です。

ソラチカルートを使わない場合は約24500マイルにしかならないものが、ソラチカを使うと36450マイルが獲得できます。実に1万マイル以上もお得な交換方法なわけです。


私は、この二つのキャンペーンで67450マイルもの大量マイルを獲得することに成功しました。これだけあれば、特典航空券でハワイに行けてしまいますからね、キャンペーン様様です。

なにはともあれ、ポイントが無事付与されて安心しました。
ポイントが確定するまでは何かと不安なんですよね。キャンペーン登録はちゃんとできているのかとか、クリア条件はちゃんと満たしているのかとか、考えればきりがありません。果報は寝て待て、という精神で待ちましょう笑。


これから、ANAカードを作ろうと考えている方は、特に急いでいなければ、キャンペーンをやっている時期を狙って作るとよいと思います。と言っても、VISAは年中やっていますが。
キャンペーンのクリア条件ともらえるポイントは時期によって微妙に変化するので、注意が必要です。
VISAの方はゴールドカードで30000マイル、ソラチカは25000マイル程度が獲得できるキャンペーンをやっていれば乗りましょう。

それと、VISAのキャンペーンサイトには5万とか6万とか獲得できると書いてありますが、これはプラチナカードを作った場合の話なので、大多数の人はこれよりももらえるマイルは少なくなります。ぬか喜びに注意です笑。


それと、せっかくクレジットカードを作る場合はポイントサイトを経由することをお忘れなく。ポイントサイトを経由するだけでさらにマイルがもらえます。(ただし、ソラチカカードはポイントサイトには掲載されていませんので、こちらは公式サイトからどうぞ)
ポイントサイトを使ったマイルの貯め方についてはこちらの記事をどうぞ。
tabimania.hatenablog.jp

キャンペーンの攻略はこちらの記事をどうぞ。
tabimania.hatenablog.jp


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング

SFC修行始めます!修行第1弾の検討

2017も半分が過ぎようとしていますが、SFC修行を始めることにしました。と言っても元々今年やるつもりだったんですが。
やっと、第1弾の予約を入れましたので、まとめてみます。

目次

SFC修行とは

本題に入る前に、SFC修行についておさらいしておきます。
ANAの上級会員資格の1つであるプラチナメンバーになると、スーパーフライヤーズクラブ(SFC)というクレジットカードの入会資格が得られます。
このカードを所有する限り、プラチナメンバーと同等の優遇が受けられます。
この入会資格を得るためだけに、飛行機に乗る行為をSFC修行と言い、やる人を修行僧と呼びます。
これをやってみようというわけです。

行先の決定

行先は諸先輩方もよく利用されているシドニーにしました。シドニーにした理由は以下の4点です。
1.国内より海外に行きたい
2.プレミアムポイントが1.5倍計算のアジア・オセアニアがいい
3.プレミアムエコノミーの設定がある路線がいい
4.修行第1弾である程度の大量PPを稼いでしまいたい
(5.オーストラリア限定のポケモンが欲しい)

というわけで、条件を満たすシドニーを目的地としました。

ルートの決定

行先が決まったところで、ルートを検討しました。羽田―シドニーの前後に沖縄往復を付けることを基本とし、空き状況とPP単価を加味して決めていきました。出発空港は中部国際空港(以下、名古屋)です。色々と検討した結果、こんな感じになりました。

レグ 路線 クラス マイル PP 価格 PP単価
1 名古屋―石垣 P28 1631 3010 36810円 12.22
2 石垣―羽田 国内区間 1530 2448 5000円 2.04
3 羽田―シドニー プレエコ 6078 7694 103410円 13.44
4 シドニー―羽田 プレエコ 6078 7694 105410円 13.70
5 羽田―那覇 国内区間 1230 1968 5000円 2.54
6 那覇―新千歳 P株主 2182 3892 40400円 10.38
7 新千歳―名古屋 P28 958 1935 24910円 12.87
- - 19687 28641 320990円 11.2


当初は那覇の往復を単純につけようと思っていたんですが、往路のプレミアム旅割が満席だったため、PP単価的には少し悪くなってしまうんですが石垣便を使うことにしました。まあ、石垣は行ったことがないので、行ってみたいということもありましたし。

で、帰りはというと那覇経由で名古屋かと思っていたんですが、こちらもプレミアム旅割が満席。ちょっと迷いましたが、前から乗ってみたいと思っていた那覇―千歳を挟むことにしてみました。
海外旅行後に沖縄往復だけでも、普通の人から見たら?ですが、その後北海道に行くなんてどうかしてますよね。でも、この方がエクストリーム感がでていいかと。
かなり疲れるだろうとは思いつつ、こんな面白そうなことができるチャンスはなかなか無いと思い、予約してしまいました。

全体としてはPP単価はお高くなってしまいましたが、スカイコインで支払うので、あまり気にしないことにして、行けるときに行っておこうという感じです。

今後の修行予定

修行予定といっても構想だけですが。

今回の第1弾で、28000強のPPを稼ぐことができますので、もう一回、国内のどこかに往復して、30000PPを達成しブロンズメンバーになります。これによって、スカイコインへの交換レートを1.7倍にします。

次に、アジアのどこかにプレミアムエコノミーで行って、50000PP近くになり、足りない分は国内で適当に稼ぐという算段です。
アジアの行先は行ったことがない都市がいいので、クアラルンプールかバンコクを予定しています。

第4弾くらいまでで、完了できればいいかと思っています。いつ行けるかはまだわかりませんけど。


マイルはこんな感じで貯めています。
tabimania.hatenablog.jp



マイレージランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

JALビジネスクラス特典航空券でハワイに行ってきました!

先日、初めて特典航空券でビジネスクラスに乗り、初めてのハワイに行ってきました。
JALのマイルを本格的に貯めようと決心してから約1年で念願の特典航空券ビジネスクラスを達成することができました。
今回は、旅行記を書きたいと思います。

GW前の4月某日、往路は中部国際空港を22:00に出発し、同日の朝の10:30にホノルルに到着。復路は昼12:00にホノルルを出発し、翌日の16:00に中部国際空港に到着する旅程でした。3泊5日で行ってきました。行きは深夜便でしたので、ビジネスクラスを満喫とはなりませんでしたが、帰りは昼便だったのでビジネスクラスを満喫することができました。

往路

GW前の平日ということもあってか、中部国際空港はガラガラでした。JALのカウンターも数名の旅行客がいるだけという感じで、ビジネスクラスのカウンターを使うまでも無いような込み具合でした。とはいうものの、せっかくなのでビジネスクラス用のカウンターを利用しました。早々にチェックインを済ませ、保安検査場へ。保安検査と出国審査もすぐにすんで、サクララウンジへ。


ラウンジのレポートはこちらの記事を参照ください。
tabimania.hatenablog.jp


ラウンジでくつろいだ後は、いよいよ飛行機に搭乗です。予定時刻どおりに搭乗開始です。
今回の座席は最新鋭のJAL SKY SUITEⅢです。座席についてはこちらの記事にまとめました。
tabimania.hatenablog.jp


ウェルカムドリンクのスパークリングワインを飲み、予定通りに離陸。
安定飛行に入ると機内食タイムとなりました。


まずは、おつまみ。ドライ納豆とあられをビールとともに。飛行機でビールを注ぐと泡がすごい。
f:id:tabimania:20170626082241j:plain

メインディッシュは洋食にしました。なかなかのお味でした。
f:id:tabimania:20170626082341j:plain

メインディッシュは赤ワインとともに。南アフリカ産のワインでおいしかったです。
f:id:tabimania:20170626082459j:plain

ちなみに和食はこんな感じ。味はいまいちでした。
f:id:tabimania:20170626082655j:plain

アメリカ産の赤ワインもいただきます。こちらは味が薄く、私としては南アフリカ産のほうがおいしかったです。
f:id:tabimania:20170626082756j:plain

デザートをコーヒーとともに。なかなかおいしかったかな。
f:id:tabimania:20170626082917j:plain

追加でチーズをオーダー。赤ワインによく合います。このころには、機内の照明は落とされました。
f:id:tabimania:20170626083042j:plain

飲みながら映画を見ていましたが、眠くなってきたので、フルフラットにして睡眠。よく眠れました。気が付くと朝食の時間です。といっても、夕食からほとんど時間がたっていない気が。

朝食はこんな感じ。おいしかったです。
f:id:tabimania:20170626083305j:plain


あっという間に、ハワイに到着です。ほんとにあっという間でした。もうちょっと乗っていたいと思う座席とサービスでした。

ハワイ初日

さてさて、ハワイに来るのは初めてなので、市街地までの送迎はあらかじめ予約しておきました。混乗のミニバスに乗ってホテルまで運んでもらいました。ドライバーの感じもよく快適でした。
正午ごろの到着でしたが、アーリーチェックインOKということで部屋に入ることができました。


荷物を置いたのち、Wifiを借りにワイキキショッピングプラザに行きます。日本で借りると、移動日分の料金も払う必要がありますが、現地で借りると、移動日分の料金がかからない分お得です。

ついでに、翌日以降の予定を決めるために、JCBプラザに行きました。
実は、行きたいところはいくつか決めてあったのですが、具体的な予定は決めずに現地に行ったんですよね。

初めてのハワイなので、メジャーどころに行くという方針のもと、ビーチ、ダイヤモンドヘッド、アラモアナショッピングセンター、この木なんの木に行くことに。
ダイヤモンドヘッドとアラモアナショッピングセンターはJALビジネスクラスの特典である、JALOALOカードで無料バスに乗車可能なので、自力で行くことにして、自力で行くのが大変そうなこの木なんの木だけツアーで行くことにして、予約しました。

JALOALOカードについてはこちらの記事にまとめました。
tabimania.hatenablog.jp

ダイヤモンドヘッド登山

ハワイ2日目は早起きして、ダイヤモンドヘッドに向かいます。JALの無料トロリーに乗ってまだ薄暗い街を走り、ダイヤモンドヘッドの入口に。まだ、開門されていないらしく、門の前で待ちます。6時に開門され、トロリーでクレーターの中へ。バス停で降ろされ、ハイキング開始。なかなかの人出です。ちいさい子も結構登っていました。道はよく整備されているので、スニーカーがあれば十分です。山頂までは1時間弱かかりました。(山頂付近が大渋滞で時間がかかりました。)

ショッピング

登山後はアラモアナでショッピング。日本でもそうですが、ショッピングって登山よりよっぽど疲れます。
アラモアナショッピングセンターの裏手にウォルマートがあったので、お土産を調達。私の場合、海外旅行では現地スーパーは欠かせません。現地の生活が垣間見えて面白いんですよね。アメリカはなんでもビッグサイズで面白い。

ハワイの牛角

私、登山の後は焼肉と決めているんです!牛角を見つけてしまったので行かないわけにはいきません。
メニューは日本とは違いましたが、味は日本同様おいしかったです。
f:id:tabimania:20170626091905j:plain
f:id:tabimania:20170626092008j:plain

地ビールも楽しむことができます。もちろん、日本産のビールもありました。
f:id:tabimania:20170626091946j:plain

ビーチ

翌日はビーチでザ・ハワイを満喫。よく写真で見る風景です。背景には前日に登ったダイヤモンドヘッドが見えます。
f:id:tabimania:20170626092938j:plain

市内観光ツアー

午後はツアーで市内観光。ツアーとはいうものの、参加者は私と妻の二人だけ。大型のワゴン車に二人だけで、市内をめぐりました。

ウルフギャングステーキハウス

市内観光ツアーの後はステーキです。人気店なので、JCBプラザであらかじめ予約しておきました。実際に行った時も満席で、外でも待っている人がいました。

ここの名物はTボーンステーキ。量が多いので二人で一皿でちょうどよかったです。肉のうまみが閉じ込められていて、おいしかったです。
肉とサラダとパンでおなかいっぱいでした。
f:id:tabimania:20170626093645j:plain

腹を満たした後は、夜のビーチをお散歩して、腹ごなし。写真は真っ暗ですが、ビーチ沿いのホテルのオープンバーが何か所もあり、危険な感じはありませんでした。
f:id:tabimania:20170626094451j:plain

そのほか街の様子

ホテルの近くに丸亀うどんがありました。写真では奇跡的に行列がないですが、ハワイ滞在中、写真の時以外は毎回大行列ができていました。ハワイでも大人気なようです。
f:id:tabimania:20170626093752j:plain

マクドナルドに2回いきましたが、ハワイのマックではセットを注文するとパイナップルがついてきます。パイナップルじゃなくてポテトがよかったなと思っていたら、ちゃんとポテトもついてきたので、ご安心あれ。ドリンクはもちろんビッグサイズです。
f:id:tabimania:20170626094256j:plain

復路

帰りもホテルまでお迎えを頼んでおきました。空港のJALカウンター近くで降ろしてもらい、チェックイン。保安検査も空いていて、すぐに制限エリアへ。

少し、免税店を見た後、ラウンジに行きました。ラウンジレポートはこちらの記事で。
tabimania.hatenablog.jp

搭乗ゲートはこんな感じ。ゲートの入口でチケットをチェックされます。
f:id:tabimania:20170626095608j:plain

飛び立った直後にホノルルの市街地とダイヤモンドヘッドが見えました。さよなら~またくるからな~。
f:id:tabimania:20170626095912j:plain

安定飛行に入ると機内食タイム。
まずはおつまみとビールです。このときのCAさんはビールを注ぐのが非常にうまく、泡あわにならなかったんですよね。
f:id:tabimania:20170626100131j:plain

メインは和食にしてみました。
f:id:tabimania:20170626100212j:plain

和食に合わせて、普段は飲まない日本酒です。獺祭があったので、つい。1合瓶で提供されます。初めて飲みましたが、飲みやすくおいしかったです。
f:id:tabimania:20170626100312j:plain

ちなみに洋食はこんな感じ。
f:id:tabimania:20170626100451j:plain

デザートはコーヒープリン。これが絶品でした~。もう1個食べたかったくらいです。
f:id:tabimania:20170626100559j:plain

食事タイムが終わった後は、機内Wifiにチャレンジしてみました。レポートはこちらの記事で。
tabimania.hatenablog.jp

ビジネスクラスでは機内販売で森伊蔵を買うことができます。
tabimania.hatenablog.jp


ネットを楽しんでいると、あっという間に到着前の軽食タイム。
f:id:tabimania:20170626100850j:plain

あっという間にセントレアに到着です。もっと乗っていたかった。


特典航空券で行った素晴らしい旅でした。1度特典航空券を使うと、今後もマイルを貯めていく上でモチベーションになりますね。
この旅行で、JALの方は一段落。次回はANAで旅行の予定です。

ビジネスクラスをまだ体験したことがない方は一度は体験してみてください。マイルは誰にでもほとんどお金を使わずに貯められます。
ANAのマイルの貯め方は以下の記事にまとめてあります。
tabimania.hatenablog.jp


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング


関連記事
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp