旅マニア トイトイの旅行とマイル

マイル・海外旅行・国内旅行・JGC・SFCについて綴っていきます

SFC修行第3弾の検討

2017年SFC修行をしています。第3弾の予約を入れましたので、まとめてみます。ちなみに、これらのフライトで解脱予定です。

目次

SFC修行とは

本題に入る前に、SFC修行についておさらいしておきます。
ANAの上級会員資格の1つであるプラチナメンバーになると、スーパーフライヤーズクラブ(SFC)というクレジットカードの入会資格が得られます。
このカードを所有する限り、プラチナメンバーと同等の優遇が受けられます。
この入会資格を得るためだけに、飛行機に乗る行為をSFC修行と言い、やる人を修行僧と呼びます。
今回の第3弾でプラチナメンバーの条件である50000プレミアムポイントを超える予定です。

今年の修行フライト

第1弾はこちらの計画どおりシドニーに行ってきました。旅行記はおいおいぼちぼち書いていきます。
tabimania.hatenablog.jp

第2弾はこちらの記事にまとめてます。日帰り石垣タッチです。
tabimania.hatenablog.jp

第2弾までで、34661PPを稼ぐことができました。
そして、この度第3弾の予約を行いましたので、本稿でまとめてみます。

国内にするか海外にするか

当初、第3弾修行は東南アジアへプレエコで行くことを想定し、第2弾までの修行を行いました。
しかし、秋以降に確実に休暇がとれる週がないことがわかったため、国内修行に切り替えることにしました。
第2弾のようなタッチ修行は面白かったのですが、もう一気に解脱したいなぁと思い、1泊2日で残り15339PP稼ぐことができる国内線ルートを検討することにしました。


優先順位はこんな感じです。
1.あまり使ったことがない空港に行ってみたい
2.使ったことがないANAラウンジを使ってみたい(プレミアムクラスを利用するつもりなのでANAラウンジ利用可能)
3.なるべくプレミアムクラスに乗りたい(PPたくさんもらえるし)
4.なるべく安く(スカイコインを使いますが、安いにこしたことはない)
5.宿泊は沖縄か北海道がいいな


優先順位考えつつ、航空ダイヤ、待ち時間など考えてルートを選定しました。なかなかの難易度でした。単純に組んでいくと、わずかに50000PPに届かないということが多く、50000PP超えするルートを探すのに苦戦しましたので、その辺も含めて、解説していきたいと思います。


ルートの検討

1レグ目

まず、私の出発空港は中部国際空港(以下、名古屋)です。ここからの長距離路線を考えると、沖縄方面がまず浮かびます。那覇以外の沖縄路線は1日1便であるため、1日に何便も搭乗しようという今回の修行には適していません。すると必然的に1レグ目は名古屋―那覇線となります。これを軸に今回の計画を組み立てていくことにしました。

2レグ目

名古屋から沖縄に着いたのち、沖縄からどこに行くかを検討します。
沖縄から出発し、1日目の宿泊地を北海道または沖縄にするためには、①沖縄からどこかに行って、そこから沖縄に戻るまたは②どこかで乗り継いで北海道に行くまたは③沖縄―千歳線を利用するの3つのパターンが考えられます。
このうち③は、航空券が高い&取れないので却下。①と②を検討してみました。

ここで、沖縄と新千歳がらみの路線のPP単価を調べました。こんな感じでした。(他も調べましたが、使えそうな単価の路線はこのくらい。すべてプレミアムクラスのもの。)

路線 PP 価格 PP単価
沖縄―成田 2860 25140円 8.8
沖縄―関西 2247 24900円 11.1
沖縄―福岡 1742 17500円 10.0
新千歳―成田 1675 17340円 10.3
新千歳―関西 2065 19300円 9.34

沖縄―成田がダントツでよいPP単価であり、成田空港のラウンジも行ったことがないので申し分なし。よって、沖縄―成田線を積極的に利用しようと考えました。しかし、この路線には問題点が・・・。1日1往復のみなんですよねこの路線。PP単価はよいものの使いにくいことこの上ない。まあでも、名古屋から沖縄行ったあとの待ち時間も1時間半程度なので、2レグ目は沖縄―成田線でいいかということで、決定。

3レグ目

さて、成田に着いた後はどうしようか。選択肢は2つ。新千歳に行くか、沖縄に戻るか。ここで、新千歳に行くことを想定し、その後の旅程を色々とシミュレーションしてみました。結果、2日では終わらない修行になる、またはPP単価が高くなりすぎるのどちらかの結果にしかならなかったので、北海道はあきらめ、沖縄に戻ることにしました。3レグ目、成田―沖縄に決定。成田空港での待ち時間が3時間半なので、ラウンジをじっくり堪能しようと思います。ここのラウンジは国際線仕様に近いらしいですしね。
ちなみに、沖縄到着が21時30分なので沖縄に宿泊決定です。

4レグ目

ここから2日目の旅程です。2日目は電車が動いている時間にセントレアに帰還しなければなりません。それを念頭において、計画を立てます。
まず、沖縄からどこに行くかを考えます。候補は実はほとんどなく、すんなり関空に行くことに決定しました。関空は何回か訪れたことはありますが、飛行機で訪れたことはないのでちょうどいいかなと思いました。PP単価は高めですが。4レグ目、沖縄―関西に決定。

5レグ目

さてさて、またまた2択です。沖縄or新千歳ですね。PP単価を見ると新千歳に行く方が有利です。
しかし、新千歳に行ってしまうと、その後の接続がうまくいきません。その日のうちにセントレアに帰れないorPPが50000に達しないのどちらかです。よって5レグ目は関西―沖縄のとんぼ返り便に決定。北海道も行きたかったのですが、今回はあきらめます。解脱したあとでゆっくり旅行することにします。

6レグ目

このまま沖縄から名古屋に直接帰ると281PP足りません。どこかを経由して帰る必要があります。あまり遠くに飛んでしまうと無駄にお金がかかってしまいますので、なるべく残りのPPをぴったり獲得できる場所を経由したいものです。という感じで、考えてみると福岡がよさそうということがわかりました。PP単価は10.0。まあ及第点でしょうか。6レグ目は沖縄―福岡です。

7レグ目

これはもう有無を言わさず、福岡―名古屋で決まりです。一番価格が安い最終便を予約しました。これでもPP単価的にはよくありませんが。

ルートまとめ

以上をまとめるとこんな感じです。

レグ 路線 クラス マイル PP 価格 PP単価
1 名古屋―沖縄 P株主 1466 2422 26260円 10.8
2 沖縄―成田 P28 1783 2860 25140円 8.8
3 成田―沖縄 P28 1783 2860 25140円 8.8
4 沖縄―関西 P28 1338 2247 24900円 11.1
5 関西―沖縄 P28 1338 2247 24900円 11.1
6 沖縄―福岡 P28 973 1742 17500円 10.0
7 福岡―名古屋 P28 677 1335 16710円 12.5
- - 9358 15713 160550円 10.2

※マイルはブロンズステータス、PPはプレミアムクラス


成田、関空、福岡はどこも1~2回しか利用したことがないので、ラウンジ見学が楽しみです。リニューアル直後の新千歳ラウンジに行けないのは残念ですが。

計画してみてわかったこと

今回色々な路線のPP単価を調べてみて、名古屋路線はどれも高いことがわかりました。
また、名古屋路線のプレミアム旅割は2か月前の発売時でもかなり売り切れていることがわかりました。

逆に、成田路線や関空路線は結構空きがありました。両者とも国際線メインの空港なので一般の利用客が少ないんでしょうかね。
ただし、両者とも便数は(羽田・伊丹と比べると)少ないという制約があります。

名古屋発国内線SFC修行のポイント

・名古屋発着便はPP単価があまりよくないので、一回名古屋を出たらなるべく戻ってこない方がよい
・宿泊が許される人は2日以上の修行も考えた方がよい(セントレア発着便をなるべく使わないために。セントレアまでの交通費も含めるとホテル代を考えても同等か宿泊のほうが安価になる場合が多いと思われる)
・名古屋発着便のプレミアム旅割はすぐ予約が埋まる(2か月前でもなかなか取れない)


なにはともあれ、予約が完了しましたので、あとは実践あるのみです。ほぼ丸2日間空港と機内で過ごすのは初めてなのでどうなるか楽しみです。楽しんでこようと思います。



修行費用はマイルをスカイコインにして捻出しました。マイルはこんな感じで貯めています。
tabimania.hatenablog.jp



マイレージランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村