読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅マニア トイトイの旅行とマイル

マイル・JGC・SFC・旅行記を綴っていきます

JALカードCLUB-Aの年会費をちょっとだけ節約する技

クレジットカード JGC

JGC会員になるためにはCLUB‐A以上のクレジットカードを持っていることが必須です。CLUB‐Aカードは通常年会費が10800円かかり、カードを取得後初回の引き落とし時に年会費が引き落とされます。これをちょっとだけ節約する技がありますので、紹介します。なお、この方法は最初の1年しか使えません。CULB‐Aカード以外にもCLUB‐Aゴールドカードなどでも同様の方法が使えると思います。(実際に確認したのはCULB‐Aのみとなります)
f:id:tabimania:20170227160109p:plain

JALカードCLUB‐Aとは

普通カードとゴールドカードの中間に位置するカードで、普通カードより搭乗マイルが多くたまったりするなど、いくつかすぐれた点があります。このカードはゴールドカードではないのですが、年会費が10800円とややお高めです。JGC会員になるためにはCLUB‐A以上のカードを持っていることが必須ですので、JGC修行の前に所有を検討されている方も多いのではないでしょうか。

年会費を安くする方法

CLUB‐Aカードを直接申し込まずに、まず普通カードを申し込みます。普通カードを少し使ってから(1年以内に)、CLUB‐Aカードへの切り替えを申請します。たったこれだけで、2160円節約できます。からくりはカード切り替え時のルールを探っていくとわかります。普通カードからCLUB‐Aカードに切り替える場合、年会費は両方の分を払うのではなく、CLUB‐Aカードの年会費から普通カードの年会費を引いた差額分を支払うというルールになっています。普通カードの年会費は2160円で、CLUB‐Aカードの年会費は10800円ですので、先ほどの計算式に当てはめると、差額は8640円となります。これが、普通カード作成後1年以内にCLUB‐Aカードに切り替えだ場合の実際に支払う年会費です。でも、普通カードの年会費を先に払っているから、結局払う金額って同じでしょと思ったあなた、そうではないんです。普通カードの年会費は2160円ですが、初年度に限り年会費が無料なのです。今回紹介している方法はこれを利用しています。つまり、普通カードの年会費を支払っていないにも関わらず、CLUB‐Aに切り替えると、差額分の年会費だけを払えばよいことになります。
私は、2016年5月にJALカード(普通)をつくりました。その後、JGCを目指すため9月にCLUB‐Aに切り替えました。普通カードが年会費無料だったから、切り替え時に10800円とられるだろうなと思っていたら、8640円しかとられなかったので、切り替え時の年会費清算に関するルールは初年度年会費無料の場合にも適用されることが確認できました。
CLUB‐Aの取得を急いでいない人は、直接CLUB‐Aカードをつくらずに、一旦普通カードをつくり、1年以内にCLUB‐Aに切り替えると2160円節約ができます。

以上のことを表にまとめるとこんな感じです。

普通カード CLUB-A 差額 1年で払う金額
通常の切り替え 2160円 10800円 8640円 10800円
CLUB-Aを直接つくる --- 10800円 --- 10800円
普通カード作成後1年以内の切り替え 0円(初年度無料) 10800円 8640円 8640円

家族会員の場合

家族会員も同様に節約できます。家族会員の場合は普通カードの年会費1080円、CLUB‐Aカード年会費3780円です。差額を計算すると2700円ですので、カード切り替え時にはこの金額を払えばよいことになります。1080円の節約ができます。

この方法のデメリット

デメリットはCLUB‐Aカードを手に入れるまでに時間がかかることです。すぐにCLUB‐Aカードが必要な人はこの方法は使えません。普通カードとCLUB‐Aカードの2回の審査・カードが送られてくるまでの待ち時間などがありますので、時間が倍かかると思ってください。
また、この技は普通カードをつくってから1年以内でないと使えません。年会費無料は最初の1年だけですからね。2年目以降に切り替えを行うと、ルール通り、普通の年会費とCLUB‐Aの年会費の差額が徴収されることになります。


よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
tabimania.hatenablog.jp

ユニバーサルスタジオシンガポール滞在記

旅行記

2016年10月にシンガポールに旅行に行った際にユニバーサルスタジオシンガポールに行ってきました。みどころ、注意点などを記したいと思います。

ユニバーサルスタジオシンガポールセントーサ島にあるテーマパークです。日本のUSJと比較すると半分くらいの大きさなので簡単に一周できます。日本だと、1日中歩き回り、くたくたになるのが定番ですが、シンガポールはそんなに疲れませんでした。

エントランスには定番の地球儀がありました。これを見るとユニバーサルスタジオに来た!っていう気分になります笑
f:id:tabimania:20170227134336p:plain


場内の雰囲気は日本のUSJと大差ありません。
f:id:tabimania:20170227135153p:plain

混雑具合

テーマパークに行くとなると混雑が気になりますよね。私は土曜日に行きましたが、空いていました。どのくらいかというと、絶叫系の乗り物が5分待ちとか10分待ちというレベルです。日本で土曜日だと2時間待ちとかが当たり前の世界ですから、えっ!なんでこんなに空いてるの!?という感じでした。こんなに空いているテーマパークは久しぶりでした。開園少し後に到着し、絶叫系にすべて乗り(ものによっては何回か乗り)食事をしてもまだ14時くらいでした。1日あれば余裕で回れますし、気合入れていけば半日でも回れると思います。ただ、トランスフォーマーだけは午前中は少し混んでいて40分待ちくらいでした(午後には10分待ち)。基本的に午後のほうが空いていたように思います(みんな帰るのが早いのかな?)。

アトラクション

アトラクションの中で、代表的なものを紹介します。

トランスフォーマー

ユニバーサルスタジオの中でシンガポールにしかないアトラクションがトランスフォーマーだそうです(2016年10月現在)。このアトラクションはUSJでいうところのスパイダーマンのようなアトラクションです。3Dに弱い人はちょっと酔うかもしれません。私はトランスフォーマーを見たことがないのですが、アトラクションは楽しめました。

リベンジオブマミー

こちらは日本でいうと、千葉にある某テーマパークのインディージョーンズのような感じです。私は、ユニバーサルスタジオシンガポールのアトラクションでこれが一番楽しかったです。入口の大きな像が特徴です。
f:id:tabimania:20170227141045p:plain

ロストワールド

水路を行く、急流すべりです。最後の落としで濡らされるので濡れたくない人はカッパを着て乗ってください。入口でカッパを売っています。円形の乗り物に乗るので、どの位置がぬれるかは定かではないですが、隣の人は全身ずぶ濡れでした。その他、半身ぬれの人、あまりぬれていない人などそれぞれいました。カバンも持って乗車ですので、せめてカバンだけでもビニールに入れることをオススメします。
お国柄なのでしょうか、カッパを着ないで乗っている人が結構いました。まあ1年中暑いので濡れて涼しくなりたいのでしょう。

バトルスター・ギャラクティカ(ヒューマン・サイロン

ジェットコースターです。2つのジェットコースターが入り乱れた造りになっていて走行中にもう一方のコースターが別の場所を走行しています。片方が通常タイプ、もう一方がつりさげタイプのコースターで、両方ともなかなか楽しかったです。入口がそれぞれ別ですのでご注意ください。また、入口で金属探知機を使った検査があります。ポケットにものが入っていると入場できません。私はコインケースが入っていて入場できませんでした。乗る前に、荷物は無料のロッカーにすべて預けるようにしましょう。
f:id:tabimania:20170227142539j:plain

昼食

フードコートのようなところが何か所かあります。混雑具合は日本のフードコートほどではないですが、アトラクションよりは混んでいます。メニューはチキンライスやラクサなどのローカルフードでした。

アクセス

市街地からはMRTとモノレールでアクセス可能です。MRTでハーバーフロント駅に向かい、ショピングモールの中をかき分けていくと、モノレール乗り場があります。そこからモノレールですぐです。人の波に逆らわずに行けば、たどり着けます笑。帰りのモノレールはけっこう混んでいて、行列になっていました。
ちなみに、モノレールはユニバーサルスタジオのすぐ上を通っています。
f:id:tabimania:20170227143425j:plain

お土産購入の注意点

空いていて、かなり楽しめるユニバーサルスタジオですが、盲点が一つありました。それは、お土産用のお菓子が全く売っていないことです。日本だと、色々な種類のお土産用のお菓子を売っていますよね。日本の感覚でパーク内のお土産屋に入ったら、あれっ?食べ物がない!?ってなります。このお店は食べ物を売っていないのかと思い、違うお土産屋に行くと、ここもない!ってなって、結局どこにも売っていませんでした。日本だとあんなにおいてるんですけどね。お土産にお菓子を買うのは日本だけの文化なのでしょうか?何はともあれ、お菓子はありませんのでお土産は別のところで買うようにしてください。

まとめ

テーマパークが好きな方は、時間があれば一度は行ってみるといいと思います。乗り物は日本と同レベルの楽しさです。空いているのでストレスなく回ることができます。


クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

クレジットカードの管理をしながらポイントをためられる便利でお得なアプリ“CRECO(クレコ)”

クレジットカード マイル

クレジットカードををたくさん持っている方も、あまりもっていない方もCRECO(クレコ)というスマホアプリを使えば、便利にお得にカード利用金額の管理ができます。
今日は、CRECOの特徴と使ってみた感想を書きたいと思います。

CRECOの特徴

クレジットカード利用金額の管理を行うアプリはたくさんありますが、CRECOの特徴は何と言ってもポイントをゲットできることにあります。アプリを使って、利用金額の管理をするだけで、CRECOのポイントが1000円につき1ポイントたまります。無料のアプリを使用して、利用金額の管理をするだけで、ポイントがたまるなんてすごいと思いませんか!?
私の場合、クレジットカードの入会キャンペーンのポイント狙いで、よくクレジットカードをつくっているため、10枚程度のカードを所有しています。所有しているだけで使わないのであれば問題ないのですが、クレジットカードの入会キャンペーンはカードを○○円以上利用というのがポイント獲得の条件になっていることが多いので、色々なカードを決済に使っています。多数のカードを使用しているので、使った金額の管理がなかなか大変でした。そんな時見つけたのがこのアプリです。それでダウンロードしてから気が付いたのですが、なんとポイントもたまるというではないですか!これは驚きでした!!

利用準備

まずは、アプリをダウンロードします。検索で「CRECO」または「クレコ」といれるとこんなマークのアプリが出てきますので、ダウンロードします。
f:id:tabimania:20170227113411p:plain
ダウンロード後にメールアドレスなどの必要事項とパスコードの設定を行います。
次に、クレジットカードの登録を行う必要がありますが、登録にはカードごとのサイトのログインIDとパスワードが必要になりますので、あらかじめ準備する必要があります。カードのサイトの登録がまだの方は、先に各カード会社のサイトから登録をします。たとえば三井住友VISAカードであればV-Pass、セゾンカードであればNETアンサー、JCBであればMyJCBに登録する必要があります。
カードごとのサイトのログインIDとパスワードがわかる状態で、CRECOホーム画面の左上にある赤枠のマークをタップ(1回で出ない場合は何回かタップ)します。
f:id:tabimania:20170227114535p:plain
すると、右下のほうに「+」マークがありますので、タップします。(初めてこの画面を開いた時には、カードはなにも登録されておりません。見本の画面は私が登録しているカードです)。
f:id:tabimania:20170227114018p:plain
カード名の選択画面が出てきますので、登録したいカード名を探して(または検索して)選択します。
f:id:tabimania:20170227113527p:plain

カードごとのサイトのログインIDとパスワードを入力する画面が表示されるので、入力し、「登録する」をタップします。しばらく時間がかかりますが、IDとパスワードがあっていれば、登録が完了となります。間違っていると、再度入力を促されます。登録が完了した時点で、CRECOポイントが30ポイントもらえます!
登録したいすべてのカードについて、上記操作を行い、利用準備が完了です。ポイントはカードの登録ごとにもらえます。ポイントサイト経由で頻繁にクレジットカードの発行をしている方は、忘れずにクレコへの登録を行いましょう。

利用方法

カードの登録が終わると、自動で利用明細の情報が取得されます。取得が終わると金額が表示されます。カレンダー上に日付毎に使った金額を表示するモードとカードごとの月毎の合計利用金額を表示するモードを切り替えて使えます。切り替えはカード登録の時に使った左上のボタンです。
こちらはカレンダー上に表示するモードで「いつ」「どこで」「いくら」「どのカードを使って」決済したかが一目でわかるようになっています。
f:id:tabimania:20170227114826p:plain
注意したいのは、カード会社の締日と関係なく、あくまでもその月に使った金額が表示されるということです。(例:カード会社の締日が毎月15日の場合、カード会社のサイトで明細を確認すると、16日から翌月15日の利用金額を当月分としていますが、クレコでは1日から31日の利用分を当月分として表示しています。)家計の管理に便利ですね。
ちなみに、カード会社締日ごとの利用明細(請求額)も見ることができます。「メニュー」→「請求書」と進むと、表示されます。
f:id:tabimania:20170227115313p:plain

ポイントの積算方法

利用明細の取得が終わると、自動でポイントの積算が行われています。ポイントの積算は1000円で1ポイントで行われます。しかし、月の合計金額ではなく、1会計ごとにポイントが積算されるので注意が必要です。
例1:999円のものを購入 0ポイント
例2:4000円のものを購入 4ポイント
例3:1500円のものと2500円のものをそれぞれ購入 3ポイント
   (合計は4000円ですが一回の会計ごとにポイントを計算するので計3ポイントになる)
つまり、999円以下の細かい買い物をいくらしてもポイントは入らないということです。注意してください。
また、ポイントの有効期限は獲得から1年間です。

ポイント交換

マイルを貯める方はPexポイントギフトに交換が可能です。その他、Amazonギフト券nanacoEdyなどに交換できます。
ポイント交換は500ポイント以上500ポイント単位ですので、少額決済が多い方はためるのが難しいかもしれません。
ポイント数は「メニュー」→「ポイント」で見ることができます。
f:id:tabimania:20170227115630p:plain
f:id:tabimania:20170227115600p:plain
さらに、交換したいポイントを選択→「交換申し込み」で交換することができます。
私はまだ交換を行っていないので、交換したらまたレポートしたいと思います。

注意点

ポイントに変えられるのは、アプリをインストールした翌々月の1日からです。2月中にインストールすれば4月1日から交換可能。
自分名義のカードのみ登録可能です。家族のカードも登録不可となっていますので、ご注意ください。登録してもポイントは削除されてしまいます。

まとめ

このアプリはポイントを大量にためられるアプリではないと思います。しかし、決済額の管理ツールとしてはすぐれものなので使う価値はあると思います。ポイントはおまけ程度に考えればよいと思います。

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PASMOオートチャージによるJALマイル付与終了の代替案を考える

クレジットカード マイル

今までJALカードTOKYU POINT CulbQを使ってPASMOオートチャージすると、JALマイルが付与されていました。このマイルの付与が2017/3/31で終了し、4月からはTOKYU POINTが付与されることになりました。付与率が発表されていますが、マイラーにとっては改悪となります。そんなに電車は使わないので、貯まるマイルも微々たるものなんですが、改悪はやっぱり悔しいですよね。
今回は、代替となるカードを考えてみました。

PASMOオートチャージとは?

JALカードTOKYU POINT CulbQ等のクレジットカードとPASMOを連携させて、電車に乗るときに現金によるチャージをしなくても、改札を通った時に自動でチャージが行われるサービスです。あらかじめいくら以下になったらいくらチャージするかを設定しておくと、その通りに自動でチャージが行われます。
JALカードTOKYU POINT CulbQでPASMOにチャージすると、100円につき1マイルためることができていました。(ショッピングプレミアム加入の場合)

ポイント付与率はどう変わる?

2017/4/1からJALマイルはたまらなくなります。代わりにTOKYU POINTが貯まります。付与率は以下のようになります。
 2017/3/31まで 100円で1マイル(ショッピングプレミアム加入の場合)
 2017/4/1から  200円で1TOKYU POINT
TOKYU POINTはJALマイルに交換が可能ですが、レートは2:1なので400円で1マイルになります。今までの4分の1になってしまうのでかなり厳しいですね。
10000円で25マイル…。とてもたまる気がしません。

今後、鉄道でマイルをためるいい方法は ?

そこで、代替案を考えてみます。
私はPASMOエリアに住んではいないのですが、JALカードTOKYU POINT CulbQのオートチャージ設定をして、関東地方に行ったときにオートチャージを行っていました。そこまで鉄道に乗るわけではないので、これで十分まかなえていました。しかし、今回の改悪によってJALカードTOKYU POINT CulbQでのオートチャージはさすがに価値がなくなると考えています。
代替案としてはソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を使おうと思っています。たいした決済額ではないので最悪オートチャージなしでもいいかなとも思いましたが、陸マイラーの性で貯められるものは貯めたくなってしまうのです。ちなみにソラチカでオートチャージするとマイルの付与率は0.5%です(5マイルコースの場合)。微々たるものですが、改悪後のJALカードTOKYU POINT CulbQよりはましでしょうか。なお、たまるマイルはJALからANAに変わります。

ソラチカオートチャージのメリット

メリットは3つあると思います。

1東京メトロに乗ったときにポイントがつく

 1乗車につき平日5、休日15メトロポイント獲得できる。(メトロポイントはANAマイルに交換可能。)

2クレジットカードとPASMOが一体化している

 持ち歩くカード枚数が減らせるのはうれしいですよね。

3ソラチカカードを手に入れた段階ですでにオートチャージの設定が完了している

 JALカードTOKYU POINT CulbQではオートチャージの設定を自分でする必要がありましたが、最後まで設定するのにけっこう時間がかかり面倒だった記憶があります。これなしでいきなりオートチャージが利用できるのはけっこういいなと思っています。

まとめ

従来よりもマイルは減ってしまいますが、ソラチカでちびちびとANAマイルをためていきたいと思います。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

マリーナベイサンズホテル滞在記~プールでセレブなひとときを過ごす~

旅行記

3つの塔の上に船が載ったような外観と屋上にあるプールで有名なシンガポールのマリーナベイサンズホテルに2016年10月に宿泊したので、感想を記します。

 

この時の旅行記はこちら。

tabimania.hatenablog.jp

tabimania.hatenablog.jp

 

tabimania.hatenablog.jp

 

目次  

 

予約まで 

シンガポール旅行に行くことになったので、宿を探していました。シンガポールは全体的にホテルの値段がお高めです。ちょっときれいなところに宿泊しようとすると、1泊3万円以上はザラです。高いな、高いな、高いなと思っていたのですが、ある時どうせどこに泊まっても高いなら、あの有名なマリーナベイサンズに泊まってみようかなと思い立ちました。

各種ホテル予約サイトで料金を検索すると一番安い部屋でも5万オーバー!予想通りのお値段です。普段旅行に行くときは宿にお金はかけない主義なのですが、今回ばかりは奮発しました。その理由は、屋上プールへの憧れに他なりません。ホテルのバーなどは宿泊客じゃなくても利用可能なのですが、あのプールだけは宿泊客のみ使用可能なのです。どの部屋に泊まっても利用可能ですので、プール目的の私は一番安い部屋を予約しました。予約はBooking.comで行いました。 

1Fエントランス、チェックインカウンター 

宿泊日当日のAM10時くらいにホテルに到着しました。MRTの駅直結なので、看板に沿って歩いて行けば迷うことはありません。看板のマークがホテルのシルエットなのがおしゃれです。チェックインは15時からなので、荷物だけ預かってもらおうとスタッフさんに話しかけると、チェックインカウンターに案内されました。そこには日本人のスタッフさんがいて日本語で対応してもらえました。そしてうれしいことに部屋が空いているので、アーリーチェックイン可能とのこと。日本語での案内だったので、スムーズにチェックインができました。案内されたお部屋は5Fのガーデンズバイザベイ側。マリーナ側の方がお値段が高いので、一番安い部屋だと低層階のガーデンズバイザべイ側となるようです。

f:id:tabimania:20170222223044j:plain

エレベータには海外のホテルでよくある、カードキーをかざさないと階のボタンが押せないというセキュリティーシステムがついていました。最初気づかずちょっと上の階まで連れて行かれてしまいました。ちなみにエレベータは低層階用・高層階用に分かれており、私の部屋から屋上に行くには乗り継ぎが必要でした。  

f:id:tabimania:20170222223132j:plain

部屋

ゆったりとしたツインルームで、きれいなお部屋でした。

f:id:tabimania:20170222223217j:plain

ベッドも机も大きくていい感じです。収納、セーフティーボックス、ミニバーも完備です。バスルームも必要十分で特に不満はありませんでした。無料のお水が置いておりましたが、マリーナベイサンズ専用デザインでかっこいいです。

f:id:tabimania:20170222220715j:plain

アクセス

MRTベイフロント駅直結で、改札をでて商店の間を歩きエスカレータで上に上がると、そこはもうホテルの中です。駅が近いので、かなり便利です。旅行の目的の一つであったカジノも直結ですし、駅もあるのでどこに行くにも便利でした。

屋上展望台 

屋上へはエレベータを乗り継いで向かいます。宿泊客以外は有料とのことですが、宿泊客は自由に入れます。屋上に載っている船の先端部分が展望台になっています。よくよく考えると怖い場所に立ってるなと思います。だって、船の先端の下にはビルがないですからね。展望台からは観覧車側、ガーデンズバイザベイ側、マリーナ側の3方向を眺めることができます。

観覧車側。

f:id:tabimania:20170222215413j:plain

ガーデン側。

f:id:tabimania:20170222215556j:plain

マリーナ側。

f:id:tabimania:20170222215712j:plain

屋上プール

屋上プールは展望台の隣にあります。入口にゲートがあり、部屋のカードキーをかざすと入ることができます。タオルは完備ですが、更衣室はありませんのでは部屋で水着に着替えていく必要があります。また、靴ではなくサンダルを履いていくとよいと思います。飲み物や食べ物がオーダー可能ですが、部屋づけにすることができるので、現金は持っていかなくても問題ありません。

プールサイドは階段状になっていてプラスチック製のベッドが多数おいてあります。席は自由ですので、バスタオルをもらい、席にバスタオルを置いておくとよいでしょう。私が行った時は、ほどほどの混み具合で、プールのすぐ横の席は空いていませんでした。とりあえず、3列目(3段目)くらいの席に陣取ります。そして、いざ出陣!プールに入ります。夕方に訪れたので、少しだけ寒いかな?といった温度感でした。

プールの一番奥まで行き、有名な景色を眺めます。湾の反対側にはマーライオンがいて、周りがにぎわっている様子が分かります。その他、高層ビル群を眺めました。いい眺めです。

ここに来たら、この写真を撮らないといけませんね笑。崖っぷち写真です。

f:id:tabimania:20170222214731j:plain

実際には、水が落ちる部分がちゃんとあるので、崖ではありません。ちなみに、暗くなってから中国人の方が崖の外ににスマホを落としたらしく、スタッフの方が捜索していました。(後ほど見つかったようです)

しばらく、写真を撮りつつ泳いでいると、プールサイド最前列が空いたので、席を移動しました。波打ち際の感じ。いい気持ちや~。

f:id:tabimania:20170222214914j:plain

そんなこんなしているうちに、夜になりました。再びプール内へ。夜景を見ると、ビルのネオンが輝いていました。最高の眺めです。高い金を払った価値がありました。

f:id:tabimania:20170222215123j:plain

さてさて、夜になると湾内で噴水ライトアップのショーがあります。これをみるのを楽しみにしていました。が、上空すぎてほとんど見えなかったです。見たい方は地上見る必要がありますね。名残惜しいですが、体を拭いてバスタオルを返却し退散です。

カジノ

夜はカジノを楽しみました。24時間営業だそうで、中に飲食店もあります。また、ソフトドリンクは飲み放題です。水はマリーナベイサンズ特性ボトルです。(部屋のものよりサイズが小さいです)。

入口ではパスポートチェックがありますので、パスポートをお忘れなく!外国人は無料で入場可能です。一応ドレスコードがあるようですが、短パンで入場している人も結構いましたので、あまり厳しくはないようです。

2階建てで1Fが主にテーブル、2Fが機械といった感じでした。レートはテーブルや機械に書いてあります。機械の方は見た目はゲーセンと変わりません。お金がかかっているか否かが違いです。私は、機械の方しかやりませんでした。やり方は、機械に直接紙幣を入れます。すると、残り金額が表示される仕組みです。終わりたいときはボタンを押すとレシートが出てくるので、それを持って換金所に行きます。

換金は自動の機械と有人窓口があります。払い戻しが紙幣のみであれば自動機を使えますが、細かい金額の場合は有人窓口に持っていく必要があります。私の成績はというと1日目+5000円くらい、2日目‐10000円くらいだったと思います。まあ娯楽はほどほどに。浮き沈みがあったので数時間は楽しむことができました。

周辺状況

 駅の改札前にセブンイレブンがあります。夜間(たぶん22:30から翌7:00の間)は酒類が購入できないので飲みたがりの人は気を付けてください。あと日本のものも結構売っていて、緑茶(綾鷹)が売っていたのには驚きました。

シンガポール綾鷹

f:id:tabimania:20170222220240j:plain

お土産屋

シンガポールグッズ、マーライオングッズなどがありました。記念になりそうなものが多数揃っていていいお土産屋でした。

チェックアウト・荷物預かり

翌朝のチェックアウトは結構並んでいましたが、何事もなく完了しました。

その後、荷物を預かってもらい観光へ出かけました。

  

全体を通して、非常に満足のいく滞在でした。一度は泊まってみることをおススメします!

  

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

 

tabimania.hatenablog.jp

 

 

tabimania.hatenablog.jp

 

 

tabimania.hatenablog.jp

 

tabimania.hatenablog.jp

 

シンガポール旅行記~OKA-SINルートで旅するシンガポール~その2

旅行記 JGC 空港、ラウンジ

2016年10月にシンガポールに行ってきたので紹介したいと思います。

JGC修行の一環として行ったのでOKA-SINルートを使いました。

前回は日本を発つところまでを書きましたので、今回は機内で目覚めてからの出来事を綴ります。

 

日本を発つまでの記事はこちら。

tabimania.hatenablog.jp

  

 目覚めるとすぐに機内食の時間になりました。

軽く朝食をと行った感じの内容でした。

 f:id:tabimania:20170219130631j:plain

  

朝食後、CAさんから「何日間シンガポールに滞在されるんですか?」と聞かれたので、「今日は泊まって明日の深夜には帰ります」と応じたところ、「お早いお帰りですね」と言われた。事前にネットで調べたところによると、同じような日程で旅行している人が多かったので、別に早くはないんじゃないのかな?と内心思いつつ、修行の一環であることがばれるとちょっと恥ずかしいので「休みがとれなくて」と答えておきました。

 

しばらくすると着陸体制に入り、シンガポールの陸地が見えてきました。

無事到着。出発の遅れのまま、2時間遅れで到着です。

今日は、ユニバーサルスタジオに遊びに行こうと思っていたのですが、2時間遅れたため予定を変更しようかどうしようか迷っていました。せっかくなら朝一から行きたいですからね。(空港到着時点でオープン1時間前くらいでした)

 

そんな事情もあったので早々に機内を脱出し、ターミナルを足速に通り過ぎイミグレーションへ。海外のイミグレと行ったら長蛇の列というのがお約束なので、今回も覚悟を決めてイミグレに向かいました。

すると、何と言うことでしょう!ガラガラではありませんか!!待ち時間1分で、自分の番が回ってきました。タイミングがよかったんでしょうか?いつもすいているのでしょうか?わかりませんがラッキーでした。

f:id:tabimania:20170219130717j:plain

 

これならユニバーサルスタジオ今日行けそうだと思いつつ、荷物の引取に向かいました。

しかし、荷物の引取でトラブル発生!スーツケースの車輪が破損(ひとつない状態)しているではありませんか!ちなみに私、2年間でスーツケースの破損3回目です笑。今までの2回は全て帰りだったんで、まあよかったんですけど、ついに行きでやられてしまいました!

とりあえず近くにいたスタッフに話しかけてみます。すると、あそこにロスト&ファウンドがあるので、手続きをしてくださいとのこと。

行ってみると、スーツケースの状態を確認した後、「保険に入っていますか?」と聞かれた。航空会社の責任だから、保険に入っていようがいまいが関係ないよな?と思いつつ、「はい」と答えた。すると、「保険を使いますか?」と聞かれました。日本人相手なら、航空会社の責任において修理してよと言えるのですが、これが英語でなかなか伝わらず苦戦しました。相手は、保険を使いますかという質問を私が理解できていないのだと思ったらしく、Google翻訳を駆使して、何回も聞いてきます。結果的には、航空会社責任で修理ということになり、書類をもらって解放されました。ただ、ホテルまでの道のりとはいえ、壊れたスーツケースを引きずらないといけなくなったので大変だなぁと思っていました。

 

次に市街地に行く電車(MRT)乗り場を探します。標識に従って進んでいけば問題ありません。

f:id:tabimania:20170219131917j:plain

 

今いるターミナルとは別のターミナルから出発するので、まずは隣のターミナルまで移動します。この移動には、無料の空港内列車を使います。

MRT乗り場では、まずはチケットを買います。自販機で買うのですが、なかなかのくせ者です。羽田空港で両替しておいたシンガポールドルを自販機に入れると受け付けてもらえず、返却されてしまいました。何回か紙幣を変えながら試しましたが、うまくいきません。よくみると、使用可能な紙幣の種類が表示されており、10S$は使えないみたいです。これ以下の細かい紙幣は持っていなかったので、途方に暮れそうになりましたが、そこに両替おばさんが現れ、私を救ってくれました。どうやら券売機の近くには案内係の駅スタッフがいて、両替対応をしてくれるようです。

いや~海外ってうまくいかないことばっかりですよね~。まあ、この不便さが新鮮なんですけどね笑

 というわけで、やっと電車に乗ったときにはユニバーサルスタジオは明日にしようということに決定していたのでした。

 

やっと空港を脱出したところですが、続きは後日書きます。  

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

 

tabimania.hatenablog.jp

 

tabimania.hatenablog.jp

  

tabimania.hatenablog.jp

  

tabimania.hatenablog.jp

 

スギ薬局のポイントをANAマイルに交換する!レートアップ中!

マイル

関東から関西にあるドラッグストア「スギ薬局」で買い物をするとスギポイントが貯まります。通常時100円で1ポイントたまり、貯めたポイントは家電等の賞品に交換することができます。この交換賞品の中にANAのマイルがあるので、陸マイラー的には交換してみたくなりますよね?

 

 

ポイントの貯めかた

まずはポイントカードを作ってください。店頭で申し出れば作ることができます。

そしてお買い物時にポイントカードを提示すれば、ポイントを貯めることができます。このポイントはクレジットカードで商品を購入した際にも、貯めることができます。ANAのマイルには500ポイントを100マイルというレートで交換が可能です。

 

たくさんポイントを貯めるには?

でも、ドラッグストアあまり行かないからたまらないよ。という方も多いと思います。私もそうです。そんな方はポイントアップする日を狙いましょう!

まず、毎週土日はポイント2倍デーです。そして不定期でポイント5倍デーがあります。この日は店頭にのぼりが立っているのでわかりやすいです。

この日に日用品を買うとけっこうポイントが貯まります。女性は化粧品なんかを買うとかなり貯まるのではないでしょうか?

ちなみにポイントは10年間有効なので、気長に貯めるのも良いかと思います。

 

貯まったポイントの確認方法

ネットでは確認ができないようで、商品購入時のレシートに記載されます。ここを確認するしかなさそうです。ちょっと不便ですね。

 

ポイント交換方法

これまたネットではできず、店頭での受付が必要です。当たり前ですが、受付時にANAマイレージクラブの番号を伝える必要がありますので、お忘れなく。カードを持って行ってください。

 

2017/2/19まで交換レートアップ中!

通常500ポイントで100マイルのところを、期間限定で400ポイントを100マイルにレートアップ中です。ポイントが貯まっている人は今すぐスギ薬局にGOです!

期間中は最低400ポイントから交換可能です。

私も交換しに行こうと思っています。

 

スギポイントをどのように利用するか

スギポイントのために積極的に利用する必要はないと思いますが、有効期限が10年なので、失効はしにくいポイントだと思います。なので、コツコツ貯めて、気づいたらけっこう貯まってた!みたいな感じで貯めるのがよいと思います。

ポイント5倍デーはなかなかの還元率なので、この日は狙い目だと思います。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村